F.I.R.E 投資家の投資日記

48歳で企業経営を引退、投資歴20年以上、専業投資家として歩み始めた投資日記

第三者の承認

コロナウィルスの影響で、講演会も次々と中止に追い込まれている。
大竹慎一氏(アメリカ在住のファンドマネージャー)による投資講演会は、年に3~4回あって、毎回それに参加していたのだが、(2020年)8月の講演会が中止となった。
事前に質問をメールし、講座と共にその質問に答えるという形式で、講演会中止の代わりに、それを収録したCDが送られてきた。
以下、事前に私が送った質問である。
 
お世話になっております。長年 企業経営をしておりました折に先生の後援会を知り、
投資家目線で経営することを思い立ちました。
そして自社をROA(総資産純利益率)重視の経営に切り替えました所、その後収益力が上がり
お陰様で4年前に引退(48歳にてアーリーリタイア)することができました。
 
今も米国株を中心に資産運用をしておりますが、先生からご教授頂いたことを含め、
資産運用の要諦は「良い企業の株を長く持ち続けること」だと理解しております。
そこで「良い企業」の定義ですが、同じくROAの高い企業(ROA15%以上)を目安としておりました。
そして普段は割高で買えそうにない企業を、3-4月の暴落時に買うことができました。
 
具体的には、MCO(ムーディーズ)、INTU(インテュイット)、ACN(アクセンチュア)、FICO(フェアアイザック)、ZTS(ゾエティス)、MA(マスターカード)、SPGI(S&Pグローバルインク)等、
現在のポートフォリオは60社を超えました。
今回の買い増しでは、テクノロジー系、銀行以外の金融系が増えました。
 
定義付けで、私が重視する順として、ROA15%以上、ワイドモートな業種、連続増配としています。
仮に2番底があったとしても、こういった基準で買い増しを考えておりますが、考え方としてはこれでよろしいでしょうか?
他に加える基準などありましたらご教授ください。
 
それに対し、「よく考えて投資している」という満額回答だった。
「第三者の承認」は極めて重要である。特にその世界でプロとして生きている方からの承認であれば尚更である。
 
ただ、同氏は普段からバフェットのことを良くは思っておらず・・・
「ワイドモートな企業って何だ?」という一点だけ忠告が入った。確かに「ワイドモート」は主観であって、そこに明確な基準はない。
よってこの一点だけは、投資基準から外そうと思う。
 
この第三者の承認を得た、という点だけでも、講演CD3万円はモトを取るのに十分だったと言える。

「無所属の時間」とλ(ラムダ)の資産形成

「生き様」・・・私たちは皆、自尊心を持っている。だから自分の人生には、何らかの意味を見出したいと思うのは当然のことだろう。

 

そもそもこの9月に、私が創業した会社の会長職も辞任するのを機に、今秋には首都圏に移住するつもりだった。そして新たな生活と共に、何らかの形で社会性を持つつもりでいた。

しかし新型コロナウィルスのせいで、新居を探しに行くこともできず、また今冬の第2波(それが高致死率であること)を予期して、移住を半年程伸ばすことにした。(首都圏なんて、リスク以外の何ものでもない)

まぁ、それでも生活費には困らない今の環境に感謝すべきであろうが、前にも後ろにも進めない状況というのは、いささか困ったものである。

そんな中、今の住居を継続して社宅にするという妙案を思いついた。だからここにあと半年留まるのは、金銭的には余裕を持たせるという意味でも良いと思っていた。

 

しかし所詮「お金」は人生をより豊かにする為のツールであり、それに執着したり、振り回されたりするのは本末転倒である。

だから日々考える中で「優先順位は何か?」を問うた。

そして「新たな生活で、次の一歩を踏み出す」ことの方がより重要であると考え方が強くなった。

 

新たにビジネスを始めるにせよ、ボランティアなどの社会活動をするにせよ、もう次のステップに進むべきである。そうすることで初めて見える景色もあるのだろう。

これからしばらくは「無所属の時間」を生きることになる。(城山三郎さんが唱えた、私のお気に入りの言葉だ)

可能性は無限大、死ぬまでに「お金」は(たぶん)ちょっとだけ不足するという状況。安穏とした生活は人の成長を阻害する・・・それは昔も今の変わらない不変の真理。

資産形成におけるβ(ベータ)を作り、α(アルファ)も作った。

これからはλ(ラムダ)・・・個人のスキルでプラスアルファを稼ぐことが必要だろう。

外部の社会資本と緩やかに付き合い、わずかばかりの収入を得て、新たなチャレンジと共に次の成長に向かう。それが次のステージにつながっていくのだろう。

 

 

「なぜ、そうしなかったのか?」を検証する②環境の力には勝てない

飲食業の世界に足を踏み入れて30年、この世界の厳しさを十二分に感じてきた。

それを含めて、飲食店経営者としての哲学がある。

 

・利益率の低い(10~15%)飲食店経営では、バックヤード(本社家賃、人件費)はとにかく軽くしておかなければならない。

・戦後70年間、飲食企業(特に居酒屋業)で天下をとった企業は皆無。栄枯盛衰の激しい業種、家賃が異常に高い東京で後発企業が、飲食店経営を長くやり続けられるとは到底思えない。

 

「運」とは、その人と成りが引き寄せるもの。状況的に恐らく8割方の人が東京移住を決断したであろうが、特に慎重派の私は思いとどまった。

人がうらやむもの、派手なもの、かっこいいもの、それらに対しては、斜に構えて見るクセが付いている。(単にへそ曲がりなだけです)

 

「契約満了ですよね?色々とお世話になりました。ありがとうございました。」定時の家主企業との打合せの際、私の方から切り出すと、想像もしていなかったのだろう、担当課長はビックリした顔をしておられた。

(何かにつけ、平気で呼び出し、上から目線で対応する家主企業に対して、常日頃から気に入らなかったのは確かである)

 

翌年(2017年7月)、惜しまれつつ新宿店閉鎖。(東京撤退)

 

2020年3月、新型コロナウィルスによる、需要の蒸発→大不況期に突入。

仮に新宿店舗が残っていて、いくら家賃を相場よりも安くしてもらっているといっても、営業自粛で売上ゼロならば、月額賃料4200千円はさすがに払えない。

もし2016年に東京へ移住していたら、新宿店は契約期限切れだったとしても、何らかの形で首都圏で出店を続けていただろう。

すると今頃は、正に地獄を見ていたのかもしれない。

 

結果論にはなるが、あの選択は本当に正しかったと言える。

新型コロナウィルスを予測した人など、この地球上に1人もいなかったとしても、右肩上がりの好景気は、いつか調整期(リセッション)を迎える日が来る。

パンデミックは単に、調整の為の「理由付け」と見ることもできる。

 欲をかき過ぎない、何事もほどほどに・・・(=中庸)というのは、人生哲学では最高の教訓ではあるが・・・それよりも、数年先の(経済)環境を予測する、景気循環の波を考える。それらの方が余程重要であると改めて思う。

私達は自分の力で稼いでいるように思っているが、我々小動物は、しょせん環境の力に勝つことなどできないのだ。

 

「なぜ、そうしなかったのか?」を検証する①

「もしも、あっちの選択をしていたら、今頃どうなっていただろうか?」

 

「人生の選択肢」・・・映画やドラマにも使われるようなテーマ。

もう1つの選択をしていたら・・・そんな事を妄想しても、人生は「一回性の法則」なのだから、後から考えても仕方がない。

 「選択の連続で今がある」のは、間違いないことだし、またそれを「運」と呼ぶのだろう。しかし単にそれを「運」という一言で片づけてしまうのも、何か違うような気もする。

あの時、「なぜ、私はそうしなかったのか?」・・・その検証をする事の方が、圧倒的に未来志向である。

 

近年で大きな選択肢だったのが、まだ西新宿で店をやっていた時の話だろう。いつもお世話になっているビールメーカーS部長のご紹介で、西武プロパティさんと懇意にさせて頂いた頃、赤坂の紀伊藩邸跡地の新築レジデンスで「1軒空きがあるけど借りませんか?」というお誘いがあり、ご丁寧に内見までさせて頂いた。

家賃は月額30万円程度で2LDK、決して広くはなかったが、コンシェルジュは常駐しており、1Fに共有会議室が2つあるその最新式マンションは、まばゆいばかりだった。

また、新宿の店舗は別会社にしていて、広島の会社はというと、不動産を売却して退職したばかりだったので、「そのまま東京に移住をするか」ということで迷っていたし、半ばそれは必然とも言える流れだった。

新宿店舗の別会社は、広島事務所を本社として登記していたので、東京には事務所もなく、私が東京滞在する際は、半蔵門のビジネスホテルを定宿としていた。

だから東京事務所、本社移転という方が自然と言えば自然であった。

 

当時私は、経営者よりも1つ上のレイヤー・・・つまり「投資家」目線で経営を行っていた。

投資家の考えること、それは「リスクリワード」である。損失リスクとリターン期待値を天秤にかける。

新宿店舗は西新宿駅徒歩7分の角の一等地、売上・利益共に安定していた。しかしそこは、1年半の期間限定ということで家賃も大幅に減額してもらっていた。

当時の残契約期間も残り半年、家主企業さんへお願いをすれば、残り1年位はやれただろう。それでも契約が終わった時点で、利益はゼロとなる。

また、紀尾井町の新ビルでのビアガーデン案件も難航していた。 

もう1つ、当時から投資家セミナーにはよく顔を出していたが、景気循環論を支持する私としては、2016年当時で「そろそろリセッション入り・・・」を予期していた。(結局ここから更に、好景気は3年間伸びた)

慎重派の私としては、ここは大いに悩む分岐点だったのである・・・

(続く)

 

 

 

 

15~30%下落を想定した銘柄入れ替えの具体策について

ナスダックとS&P500が、最高値を更新中、またNYダウも2月の最高値に近づきつつあるようだ。

ナスダックは2000年初頭のITバブルを超える割高感がある。2-3月と同様、なんらかの外部圧力によって(前回がコロナウィルス)再度、調整(=株価下落)する動きが出るのは、当然の成り行きと見た方がよい。

今回、予測するストーリーとしては、11~3月の間に第2波によって15~30%の調整が起こる確率が高いのではないだろうか?

 

そもそも「資産運用」とは、自己の資産を優良な資産に替え続けていく作業を指す。

私の場合、今後はペーパーアセット中心で運用していくと決めているので、株式・債券のバランスをとりながら運用していくということ。

そして株式投資の本質とは、「良い企業の株を(より安く仕入れ)それを長く持ち続ける」(=企業の成長の恩恵を受ける)ということ。

SCP理論(構造から考える)で考えると、業種毎に収益構造の明らかな違いがあり、それを加味して選択する必要がある。

 

では、良い企業の条件とは何だろうか?

*FCFM(フリーキャッシュフローマージン);FCF/売上=効率よくフリーCFを生み出せているか? FCFM=20%以上と定義すると・・・

・COG(ガス)

・JNJ、MDT、ZTS、ISRG(ヘルスケアセクター)

・PM、MO、BTI(たばこ)

・KO、PG(生活必需品)

RIO、BHP(資源)

・CME、MA、V、AXP、WPM(金融;銀行以外の)

・INTU(ソフトウェア)

・SPGI、MCO、FICO、INFO、ASML、CSCO(テック)

・MCD(一般消費財

以上25社・・・

各セクターの分母の違いはあるが、ヘルスケア、たばこ、銀行以外の金融、情報技術が圧倒的に効率よく稼いでいることが分かる。

 

*CROA(FCF/総資産)=預金の利回りと同じく、資産に対してのフリーCF利回り

CROA=20%以上を優良と定義すると・・・

・PM、MA、INTU、SPGI、ACN のわずか5社しかない。

CROA=10%以上と拡げてみると・・・

・COG、JNJ、ZTS、ISRG、MO、GIS、PG、RIO、UFPI、V、MCO、FICO、ASML、CSCO、MCD(+15社=20社)

 

重複を含めて、2項目に該当する企業は合計26社ということになる。

そして、次の調整によって15~30%の下落があると考えると、逆に買値からの上昇率が30%を超えていなくて、上記2項目に該当する企業は積極的に買い増しとなり・・・

COG、JNJ、MDT、PM、GIS、KO、RIO、BHP、UFPI、CME、MA、V、AXP、INFO、CSCO、MCD

以上が該当するが、ETFの SPYD、VGTの構成銘柄で重複している企業、

MA、V、INTU は資産内比率2%を目途にReaping、FISは全て売却、NGG、PPLは全て売却

2項目に該当しない CVSは全て、SJM、BUD、DEO はポジションを下げる。

「株式投資を始めたい」という相談への回答メール

サラリーマン時代の後輩から「株式投資を始めたい・・・」それについてのアドバイスを頂けないか?という相談があり、それに対してメールで以下のように回答した。
 
「お金から自由になる為には、本気になってお金と対峙しないといけない。『生活収支の計算』・『お金の勉強』から逃げていると、『お金の呪縛』から永遠に逃げられず、勇気を持って行動を起こしたり、日々挑戦することができなくなる」・・・だそうです。
 
拝見しました。
資本主義社会に生きていて、なおかつビジネスマンとして、「投資」の何たるかを知らずに生きていくのは、点棒の数え方を知らずに麻雀をするようなもの。
そもそも「お金とは何か?」の勉強は、ビジネスマンの必須ですが、銀行マンを含めて、それをやっている人は意外と少ないようです。
 
我々はP/Lの読み方は習いますが、投資・金融で大事なのは圧倒的にB/S。
B/Sの読めない社長で企業経営の上手い人は一人も見た事がありません。
だから企業のB/Sをスラスラ読めると、投資が確実に上手くなるし、また交渉時にも先方の本音が読み解けて交渉にも活かせます。(私は上場企業相手に交渉をする時は先方のB/Sを分析してから交渉に臨んでました。すると相手は現金に困っているとか、色々と本音が見えるから交渉も楽に進められます
 
まず大事なのは、投資期間を何年間とするのか?引退して収入が無くなるまでの期間、もしくは子供達の学費がかからなくなるまでの期間など。
そして築いた資産を何歳から何%で取り崩していくのか?つまり人生計画=資産計画ということです。
また、私は現役時から本多静六氏を師と仰いできましたので、「1/4貯蓄法」を実践してきたお陰で、質素倹約が身に付きました。
それで投資の種銭をコツコツと積立てながらやっていました。つまり生活そのものも変わるのです。
(出会った投資家は皆、質素な生活をしている方がほとんどです)
 
投資とは、ほとんどの場合「何もしない」のが良いです。
但し「準備」にかける時間が、私を含め皆さん膨大です。経済学、金融学、地政学・・・とにかく研究と勉強の手を緩められない。
 
本題です・・・
グロース(無配当)を好むかバリュー(高配当)を好むかによって、その比率をどうするか?
これは性格や投資期間(=年齢)にもよるし、資産ボリュームによっても異なります。
当たり前ですが、大事なのは戦略です。私の場合、大体2:8くらいにしてます。
バリューの基本は再投資で『複利』の恩恵を最大限に得るというもの。
ご存知の通り、「72割の法則」で利回り6%だと12年で2倍、4%だと18年で2倍になります。
 
基本は①時間の分散 ②銘柄の分散 そして③ストーリーの分散です。
株式投資とは半年先の姿が現実化していることなので、18か月先を読み解くことなのです。
日本のマーケットは小さすぎるし、人口減社会を考えると、とても投資できない。
やはりグローバル企業で成長市場の米国株が断然いい。(成長市場といっても新興国は絶対にNG)
だからETFを2~3年かけてゆっくり購入していくのがいいと思います。(それで①と②が達成)
毎月10万円ずつドル転して購入し、今冬の暴落時に30万~50万と厚めに購入するのがいいでしょう。
米国株で怖いのは、暴落よりも為替・・つまり、トランプが第2のプラザ合意を言い出して
ドルが暴落するリスク(超円高)です。
今回のコロナショックによって、2022年までは金利が上がらない事は確定しているので
2022年末まではデフレと株価上昇トレンド、2023年からインフレ→金利高騰→米国債下落
債券市場は株式市場よりもはるかに大きいので、株式市場も暴落というストーリーは読めます。
問題は膨大な米国の債務を、基軸通貨であるドルを発行する米国は唯一、第2のプラザ合意で帳消しにできるのです。つまり1ドル50円にされると、我々の資産も半減する。そのストーリーも見据えて投資に向かうべきでしょう。
2023年以降は、米国債暴落でそのストーリーも20%位はあるのではないかと想定しています。
 
ETFですが、高配当債券ETFならば、PFF←これは債券でも株式並みの値動きですが、
毎月配当が出て、私も相当持っています。利回りは5%以上ありますが金融危機に弱いです。
値動きがマイルドな債券系ならBNDだけど、超低金利=債券高で今は買うべきではないです。私は2月に全て売りました。
投資戦略として、基本はミーンリバージョン(中央への回帰)と思っているので、株式と債券のバランスをどうとるかが重要。
債券が上がった時は債券を売って株式バランスを上げ、株価が上がった時は株式バランスを下げて債券バランスを上げる。
但し、今は異常な状況だと思った方がいいでしょう。歴史的な債券高(低金利)の時期。
長期デフレの日本と違い、世界の基本はインフレなのです。
 
高配当株式ETFなら(かなり価格が戻りましたが)VYMならまだ利回り3%位あるのでは・・・
私は個別株をかなり持っているので、分散の意味で不動産を含んでいるSPYDを持っています。(値戻りが遅く、含み損は相当ありますが、気長に戻るのを待っています)
グロースならQQQかVGT、ナスダックが最高値だから割高ではありますが、そこをどう読むかですね。
私はVGTを3月に仕込んで(総資産の2%程度持っていますが)いずれにしても
ノイズ(目先の上がり下がり)に一喜一憂せず、自分のストーリーに沿うかどうかが重要です。
損切りする時は、下がった時ではなく、自分のストーリーに沿わない時です。
株式投資で難しいのは、買う時ではなく、圧倒的に売る時です。
 
ETFを買う時は、必ずどういったセクターが何%占めているのか、占有率上位銘柄は何かを
調べておくことです。(日本語のサイトが必ずあります)
私は投資ノートだけで2冊使っています。なぜそれを買ったのか?どういうストーリーを考えたのかを記す日々のノートと、もう1つは自分の中で投資哲学を確立させる為のノートです(←1000円位出して高級ノートを買っています・・・これこそ宝物です)
投資とは「自分自身の欲望に克つ、恐怖に克つ」というメンタルの部分の方が大きい。
だから自分の中でルールを作っておかないと絶対に損をする、そういうものです。
投資哲学ノートが一杯になった時、自然とルールはでき、投資脳も洗練されます。
 
株式投資は20年以上やってきて、中国株で100万円投資していた企業が上場廃止になって
大損した経験があります。(当然ですが、家内には言ってません)
でもそれはいい勉強代と割り切っています。
米国株では、今のところ利益の方が大きいですね。(利確した時は、美味しいものを食べに行くというわが家のルールがあります)
但し、未曾有の金融緩和(ジャブジャブのマネー)は、ドルの価値毀損という意味ですから
これからの数年間は、相当な山あり谷ありと覚悟した方がいいと思います。
 
ビジネスだって投資のリアルな1つの手法です。リスクが大きいから利回り(=ROA)が
15%以上はなくてはならない。そう考えて経営をしていると、会社がめちゃくちゃ儲かるようになりました。
投資脳にしていくとビジネスも変わるし、見える景色も変わると思います。
米国政府、FRBの政策(=FOMC、次は9月15日にあります)、金利、米国10年債利回り、原油価格、インフレ率、雇用統計・・・これらに対する感度が変わります。
頭の体操としてはとても面白いと思います。
 
長文になりましたが、これでも言いたいことの半分くらいです。
投資では儲けようと思わず、損をしないようにすること・・・そうすると、自然と資産は増えています。
Good luck!
 
言葉とは、例え同じ言語を使っていても、通じないことが多い・・・そういうものだ。
やや投資哲学や投資戦略(むしろそれの方が大事)について書き記したつもりで、自分でも「いいこと書くなぁ」と思ってはいたけれど、上記メールに返ってきた返信を見ると、「あぁ、半分も伝わっていない」ということを強く感じた。
「知っていること」と「熟知している」ことの差、戦略性や哲学を持っているか否かの差、そういったものが、「格差」の源泉となるのだろう。
 

2023年までの投資戦略(重要)

「アフターコロナ・・・、ポストコロナ・・・、コロナ後の世界・・・」

最近、そんなタイトルの書籍が一気に増えた。コロナウィルスで多くの人が、「社会の変容」を感じており、その先が見えないという証左であろう。

こういった本の場合、まずはどんな人(どういった立場の人)が書いているか?という事の方が重要でなる。

 

先般、「アフターコロナ 次世代の投資戦略」吉田繁治著を読んで、色々と考える所があったので、ここに記しておきたい。

 

【Briefing】

まず、集団免疫(総人口の70%)獲得までの必要期間の計算式

・集団免疫必要人数÷1年で社会が対応できる感染者数

→(1.26億人×70%)÷<病床3万床×(52週÷2週)÷2%(重症率)>

=8000万人÷(78万人÷0.02)=2.3年

つまり、起点を2020年2月とすると、2022年6月

    仮に重症率を3%とすると、2023年8月 となる。

 

私たちは投資家、企業経営者として、いつも「最悪」だけは想定して、打ち手を考えておく必要がある。

特に飲食業の場合は、出店(新規の設備投資)のタイミングの難しさがある。仮にそうならず、それよりも早く社会が回復すれば、「あぁ、良かったね」で良い。

つまり、数年後の出口戦略として、M&Aで株式の売却を予定していて、その株を紙切れにしない為にも、打ち手と準備が必要ということである。

また、今年は持ち株会社からの配当金を受け取るが、来年2021年は取れないと想定して計画を立てる必要もある。

 もう1つ重要なのは、投資家としてのストーリーの立て方である。

 

【Briefing】

・2022年前半まではデフレ、2022年後半~インフレ→金利上昇=米国債下落→米国デフォルト懸念→金融危機発生→株価暴落

 

今後のストーリーと対応方法

⇒2020年9月 米大統領選と第2波に備えて、キャッシュポジション15%以上に

→2020年11月、米国大統領選でバイデン勝利(法人税増税確定)→株価下落

→2020年11月~2021年3月 第2波による下落 15~30%程度→株式購入

→2021年春~2022年前半 未曾有の金融緩和により株価上昇

 2022年6月~2023年初頭 世界的に集団免疫の獲得

→2022年前半までは、ハイテクバブルを含めた資産バブル(金=ゴールドも同じ)

2022年5月、株式の50%を売却

→2022年中盤 ゼロ金利からの金利上昇⇒ドルを円転→ビットコインスイスフラン

2022年後半~2023年、米国債デフォルト 第2のプラザ合意 1ドル50円に

ドル転→米国株を再購入(外国証券口座で)

日本政府、財政破綻の可能性大

 

ここからの投資戦略は、かなりドラスティックに手を打っていく必要がありそうだ。危機を過小評価する「正常性バイアス」の罠にはまることなく、危機を察知して早め早めに手を打っていく、これからの3年間のありようで残りの30年間が決まると覚悟した方がよい。